ファミリーステーションいなみえん

児童家庭支援センターは、児童虐待や不登校、近年では発達障害児等に対するケアなど、専門的援助が必要な子ども家庭に対し、早期に支援を展開して、市長村機関の子ども家庭支援をバックアップする児童福祉の専門支援機関です。
様々な子どもや家庭の問題について、ソーシャルワーカーや心理療法士などの高い専門性と地域の福祉資源とを組み合わせて有効に機能させる役割を担っています。

地域・家庭からの相談に応じる事業

児童の福祉に関する様々な問題について、児童、ひとり親家庭やその他の課程、地域住民からの相談に応じると共に、訪問などの方法により、要保護児童、及びその家庭に関わる状況の把握に努め、関係機関との連絡、協議を行いつつ、地域に密着したよりきめ細かな支援を行います。

児童相談所からの受託による指導

児童相談所において児童家庭支援センターでの支援が必要とされた児童、及びその家庭について、支援を受託して対応します。

市長村の求めに応じる事業

市長村からの依頼に応じ、各学校や地域の子育て機関へ職員派遣等を行っています。

関係機関との連携・連絡調整

児童や家庭に対する支援を迅速かつ適切に行うため、各機関(県保健福祉センター、各市町村担当課、市長村保健センター、児童福祉施設、民生児童委員、母子相談員、婦人相談員、こころの保健センター、教育委員会、学校等)との連絡調整を行います。

里親等への支援

里親及びファミリーホームからの相談に応じる等、必要な支援を行っています。